さぁ、移動してくれ!?面談開始②

スポンサードリンク

早速お話していきます…。

なんと、担当業務以外の項目で1にしろといわれたところは2でやってくれていた。
しかし、それは感謝するどころかむしろそれなら3ぐらいつけろよ。だって担当してないから可も不可もないだろ!って思いましたがそこは黙ってました。

そしていよいよ移動の話?!と思いきや、その担当してない業務に関しては全部は担当があるのでは無理だけど今後3つは出来る様になっていってもらうつもりと言われました…。
ん?!なら私移動じゃないの?ん??

なら言うことは180度変わります。

①担当じゃないけどこの部署にいるなら知識が欲しいので勉強会に参加させてもらうことは可能か?

②お局からまだ業務を引き継いでないが、自分から聞いた方が良いか?

③去年まで全員でしていたと聞いたことのあるこの部署の年末恒例の業務は、お局とお局お気に入りの私の同期の子で2人だけでしてるが、私ともう1人の短時間勤務の子は手伝わなくて良かったのか?



これについての上司の回答…

①これは勿論いいよ!次勉強会有れば声かけるよ!そして実際に今までならお局と私の同期のみしか呼ばれなかったはずのある業務のシステム導入についての説明会に私も参加するように言われた!

②これは僕から言うよ。その他◯◯の業務とかも◯◯さん(お局の名前)しか出来ないのは困るから出来る様になってほしいと個人的には思ってるんだけど…と言われる。

③これは僕も気になってたんだけど、とりあえず今のところ残業なくすすんでるから大丈夫だよ。(私が申し訳なさそうに手伝えなかったことを気にしている風に、更には手伝わなくていいかをお局に聞いていいか分からないピリピリの雰囲気だったと言うことを遠回しに言った)

と言うことで、とりあえず今回は暫く移動はないみたいです。多分…そして、評価は1段階上がりました!!まぁ、前回は働き始めで最低ランクだったからね…。

しかし、このホッとした気持ちをかき乱したのは例の部署移動話を何度もする例のおじさん。

その話は…つづく。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です