ついにアレが主張書面提出

スポンサードリンク

こんにちは。
婚姻費用減額の調停を起こしてきた旦那から、6ヶ月以上程経ち、1回目の調停が終わってから数週間…。次回で審判の結果が下ることが決まっている現在。

やっと申立てたあの生き物から主張書面がされたそうです。
夜中に弁護士先生から書面が送られてきました。



その内容とは…
私と自分の手取りの額の比較でした。
結論としたら、【婚姻費用を支払ったら俺の手取り額は、私と同じなのに更に俺の支払った婚姻費用で私は倍以上になる!お互い平等の額で生活すべきだ!だから、婚姻費用が減額されるべきだ!!】ということでそうです…笑笑

いやいや…そもそも。こっち2人だからね?!頭大丈夫?子供居ますから、大人より毎月の必要支出は多いですから!成長するから服や靴はかなりかかるし、食べ物も豪華とは言わなくても、ケチって野菜や肉食べさせないわけにいかない。食費は下手すると大人2人より微妙にかかる…。量はないけど、それなりにバランス考えてたら食費は高くなる。しかも、激安スーパーもないし、行けるのは仕事帰りで、安い日には行けないこともある…それでも他の場所で節約して何とか貯金もできるように頑張ってる。

それなのに、自分一人で悠々と一人でそれを自由に使って、子供に貯金すらしていない…。
ふざけるなよ…本当に子供のこと考えるなら減らすなんて頭になるはずないでしょ。こちらからしたら、余裕すぎだと思いますね…。

何故かって…それは…。
相手の更なる給料の詳細やその他は次回へ…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です