ついにアレが主張書面提出③

スポンサードリンク

こんにちは。
さて、早速旦那の現在の給与明細について書いて行きたいと思います。

まず、旦那は社宅に住んでいます。因みに社宅の条件は…
【家族が同居してること、里帰りでも一年以内に戻ることが前提の人しか入れない】との条件。
そこにもう2年以上一人で図々しく住み続けている謎の生き物なのです笑笑
私なら恥ずかしすぎて引っ越すわ!
まわり家族しかいないのに、部屋は4LDKとか持て余しすぎでしょ…。しかも社宅という割には家賃はそれなり。でも、その額ではそこに住めないという好条件はありますね…。
ただ、会社に嘘ついてよく住むわー…。

そして、何が言いたいかというとそもそも今回は婚姻費用減額の主張書面を自分と私の手取りで対比していってきたのです。
でもさ…
社宅ですから、給与の控除項目に社宅費ってなりますからね…
ということは、



手取りの額は高額な住居費が引かれて残ったものということです。大半の人が毎月の支出で大半を占めるのは住居費です。それを引かれてなかった額から差はあれど支払う必要経費ってなんですか?
電気、ガス、水道、携帯、一人分の食費…贅沢しなけりゃ貯金がっつりできるよ?10万以上ね!
その他にもそれもらってるの?っていう内容の項目を発見それは…つづく。笑笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です