アプリのダウンロードが出来ない旦那

スポンサードリンク

こんにちは。
本日も早速…誰の事か分かりますか?勿論分かりますよねー笑笑

旦那です。もう旦那とすら書きたくない残念すぎる生き物ですね…。
というのもそのまま、アプリがダウンロード出来ないどうにかしろと弁護士先生通して私に言ってきたのです笑

説明すると…。
同居時に了承を得て私が旦那名義でネット銀行を作り管理は全て私がしていて、別居後は中身を0円にしてカードと書類一式大事なものの入ったクローゼットに置いてきました。因みに旦那は…私が荷物を取りに行った時そこのクローゼットに私が一人で作ったbebeのアルバムを隠して南京錠と自転車用の輪っかの鍵でグルグル巻きにしてました笑
コレ今思い出しても気持ち悪いですねー笑笑
人として本当に普通の神経してないんですねー…残念すぎる。

まぁ、そんなちょっと理解できない行動するよでアプリダウンロード出来なくても分からなくもないですが…。
経緯としては、



〇〇銀行の履歴開示しろとの旦那の要求がありました。しかし…その銀行は私ではなく旦那の名義の口座なのです。
私が管理していたと言っても、自分がどこの口座を作っているのか普通は把握してるはず。だって用紙も本人に記入させるのに渡したし、説明も名前も言った…私が管理するから自分は覚えなくてもいいと思ったんですねきっと…。
そこだよ。そういうところが家族として信頼出来ないと感じるようになって自分一人で家計を抱え込んでだんだんと…それなら金稼ぐだけの旦那要らなくない?だって精神的な支えにもそうだんしようと頼ろうとも思えない家計まるごと手放しの上に
『俺は会社で何千万の予算を動かして管理してる。家でまで家計とか管理したくないわ』と言い放ちました。それも私が、『家計とか一緒に管理して将来どうするってことをキチンと考えて管理してる旦那さんが羨ましい。私も家計とか将来のこと一人で管理するのツライ』といった後の発言。

その時からですね…コレを頼りにしてはいけない!もはやこの人は金を稼いでくれればそれでいい!でも、何で家に存在するだけで安らぎも頼りにもならない人のご飯掃除洗濯家事全部して一人で育児して…コレってこの人といる意味ある?ないでしょ…そう思ったのが同居始めた春から6ヶ月経った頃の話。

思いの外長くなったので明日へ続きます…笑笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です