二年以上ぶりに平穏な日々

スポンサードリンク

気持ちがこんなに軽いのはいつぶりだろう…きっと別居して早三年近く、別居すぐに離婚調停と婚姻費用請求の調停を起こしたので別居からずっと裁判所と弁護士先生と関係をきれずに過ごしてきました。

しかし…やっとこの度、相手からの婚姻費用減額の申立てが棄却されて無事に訴訟から解放されました。
長かった…別居して3年近く常に裁判所と絡みながらの生活。弁護士先生曰く
『正直、離婚関係の裁判は遅くて1年が最長だったのでかなり僕の中でも異例の長期でした…』としみじみ発言。

勿論お金は相手からの婚姻費用の振り込まれた一年分以上は掛かってるので、こちらとしては結局振り込まれる額が変わらなかった上に、子供の監護権も、引渡しも全ての調停でこちらの勝訴だったのもあり、
上司無駄なお金が出て行っただけの本当に無意味な訴訟でした。

ハッキリとあの下等な生き物に言いたい…。
その無駄金を子供に使ってやってくれ!!
本当に頭悪いのかな…本当人間として残念な人だとしみじみ思い、別居して良かったとさらに痛感させられました。



これからもあの生き物とは、婚姻関係が続く為、婚姻費用を払い続けてもらう必要があります。その為面会交流も行い、更には定期的な写真、動画の送信も行って相手のモチベーションを下げずに支払いをさせる必要があります。

別居当初に比べて、幾分かお互い冷静になったのか私としてはまぁ、視覚には入れたいとは思わないけど子供のためならしょうがないと割り切れるぐらいになりました笑

さて、これから相手がまたアホみたいな?無意味な?→酷い
訴訟を起こしてくるまで私はとりあえずこの関係キープで行こうと思ってます。
そりゃ再婚もいいなと思うこともあるけど、やっぱり今は結婚=煩わしいとしか感じられないのでしょうがないかな。

いつかは、再婚したいから離婚訴訟したいとおもうのかな…?
それにしても、救いはいい弁護士先生と会えたことかな…スーツの織田裕二とはいかなくても、仕事は華麗にサクサクこなすとても優秀な方でした。

次は15歳の婚姻費用増額の時にお願いしようかな…笑笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です