人生初めての裁判…旦那と決戦開始

スポンサードリンク

こんにちは、

先日ついにやってきました!裁判1回目!

『子の監護者指定と引渡し』

朝に裁判所に来て弁護士先生を待っている時間…とりあえず旦那と会う前に会いたい!

入口を見渡せる二階のロビーの吹き抜けから下を見てひたすら待ち続けるのは結構気持ち的に辛かったです。

しかし結果的には旦那と旦那弁護士はかなり前に来ていたようで全く鉢合わせませんでした。

私と弁護士先生はその前の週に打ち合わせしていたので特には当日打ち合わせはせず始まる15分前集合でした。

旦那達は綿密に打ち合わせしてたんでしょうかね?よくわかりませんが…

 

因みに私の地元の裁判所は相当ガラガラ…。私達しかその時間には裁判する人達は裁判に居なかったです。弁護士先生を待っている間にトイレに行く職員に何度もチラチラ見られましたけど、待合室って無いんですよ…多分事前に部屋貸してくださいって言えば良かったのかな?そこらへんの気遣いはちょっと苦手そうな弁護士先生だからしょうがないかな…?

部屋とってたらソワソワと待つことは無かった気はします。もし、今後あるなら是非、待機しておける部屋欲しいと思いました。

部屋に入ると、裁判官、書記官等が座ると思われる机と椅子が上座にありその両脇に私と旦那が座るであろう机と椅子が向かい合った状態で置かれていました。

私のイメージは両方が裁判官の方を向いて座って真横に相手と思っていたのでそれは相当嫌でした…。まぁどっちにしろ調停では顔を合わせませんが裁判では会わせるのでしょうがないかなと思ってました。

さて、時間ピッタリになるとついにヤツがやってきました。

久々に見る旦那…ハッキリ言って禿げた?!って何よりも初めに思いました。まぁどうでも良いですが…。

先ずは申立人の旦那へ裁判官から質問。その後に相手方の私に質問がされるという流れでした。

そして、いざ本番へ…。本編は明日へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です