大人になったからこそ今見たい幼児アニメ

スポンサードリンク

こんにちは。

皆さんアニメって大人になってから見てますか?好きな人は漫画とか読みますし、アニメも見ると思いますが多分それこそ『ワンピース』とか幼児が見るものじゃないものだと思います。

しかし、今だからこそ見てほしいのがみんな一度は見たことあるはずの

『アンパンマン』

しかもその中でも『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』です。

アンパンマンの曲の『何の為に生まれて、何をして生きるのか答えられないなんてそんなのは嫌だ』って一度はきいたことありますよね!

この話はやなせたかし先生がなぜこの歌を作ったのか、ってことが伝わるお話だと思います。

 

ざっと内容説明しますね!

まずはアンパンマンワールドでは基本的にどんな敵も死ぬことってないですよね。でも、唯一アンパンマンが死んでしまう話なんです。

ドーリィという持ち主に捨てられたお人形がアンパンマンと同じ『いのちの星』で命を受けて、こらからは自由に自分の好きな事だけしたら楽しく生きてやるって自由にしてたんですが、何だか楽しくない…そんな時にドーリィはアンパンマンに対してどうしてアンパンマンは『人の役に立つ為に生きるのか?みんな自分が一番可愛いし大切でしょ何故人の為に生きるの?』と問いただすがやっぱりドーリィにはアンパンマンの生き方は理解出来ない。そんな時にバイキンマンのメカが大暴れして、ドーリィに襲いかかってそれを庇ってアンパンマンは…って感じです。

これを見た時に、やなせたかし先生の偉大さを実感しました…とにかく深い。これを幼児アニメにしておくのはもったいないと思いました…改めて何故自分は『何の為に生きるのか?』と考えさせられましたね…。でも、一番グッときたのはロールパンナちゃんが『アンパンマンは人の為に生きることが出来るけど、私には無理だ』とハッキリとドーリィに言ったところ。人それぞれ生き方があるし、世間一般で褒められる生き方のアンパンマンとは全く違った孤独に生きるロールパンナちゃんにも彼女なりの生き方がある。

みんなそれぞれ自分が納得する意味がある生き方してるんだなぁーなんて思いました。

久しぶりに涙が出ました。bebeを抱っこしたまま1度目見て、2度目は夜中に一人でもう一度見てしまいました。それぐらい私は良かったです。是非、皆さんもYouTubeとかでもあるとおもうのでみてください!

アンパンマン侮るべし!です笑笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です