弁護士に報酬金額の減額に成功!ポイントと秘訣?!

スポンサードリンク

こんにちは

やっとこさどこの弁護士を決定しました。

お願いする前に必ずすること…。

報酬金額の決定の話。

以前弁護士費用の概算をお話ししましたが、今回相談に行くと早々にまずは弁護士報酬の話からスタートです。先ずはお願いするならこんだけかかるけど大丈夫?

ってとこです。

 

とりあえず私の場合は法テラス適応は無理そうなので、通常の弁護士費用になりますが…

無職の小さい子持ちってことで、多少の考慮頂けるって事でここにしようと決めたので結果的に先ず

着手金 21万

報酬金 離婚成立 30万 + 養育費7年間分や他の慰謝料等の総額が300万以上なら10%+18万か300万以下なら16%

これが

着手金 21万

報酬金 離婚成立 30万 もしくは養育費2.5年間分や他の慰謝料等の総額が300万以上なら10%+18万か300万以下なら16%でどちらか高い方のみ

に減額のお願いに成功しました笑

理由成立の30万か養育費って7年間長いじゃないですか?それを5年でどちらか高い方でどうですか?って提案してくれたのをきっかけに…

『3年は難しいですか…?2年はダメですよね…?』

ってので2.5年ならって引き受けてくれました。

もしかしてもしかするとですが…

 

1回目の相対にbebe連れて行ったのが弁護士さんに同情買えたのかも?

って今は思います笑っ

だって、相談の話の時もまともに話せなくてずっとbebe追いかけながら話ししてて相手も『大変ですねー』って不憫そうでしたし、相談料も30分無料だけだったのが1時間超えてても無料でした笑

私自身の図太さとかもあると思いますけど、何かしら弁護士さんに響いたのは事実だと思います。ただ少し報酬下げますよって最初に言ってくれたのはここだけでしたから…ポイントは最初の相談で値段を下げてくれる発言をしたところにもう一度行くことだと思います!

私のように法テラス適応外だけど無職で子持ちって方が見ててそれでも弁護士雇いたいならダメ元でも是非使って欲しいかもしれません…。まともに話は出来ないけれど、抱っこ紐とお菓子とおもちゃと持って聞きたい事はまとめて紙に書いて最初に話遮っても聞く!

これをすれば最悪相談料は無駄にならないと思います。

離婚調停や弁護士をオススメする訳じゃないけど、もし同じ境遇の誰かがこれから考えてるなら是非参考にしてもらいたい!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です