弁護士先生に色々質問してみた!離婚を考える人発見?素人の素朴な疑問集②

スポンサードリンク

こんにちは早速昨日の続きです。

・高等裁判所で子の監護者指定と引渡しの裁判の流れは?
→基本的に私の場合もそうですがほぼ覆ることはあり得ないに近いので裁判官も、とにかく仕事を、減らしたいという気持ちもあるので今回のように裁判官が審議してからというのは私達側から反論して欲しくないという感じの意味合いがあると思います。そこである程度議論の争点を絞って私達に反論するならここからどうぞという形になるかもしれませんね。
ちなみに高等裁判所からは3人で判決や事案を決定する為に時間はかかります。そして年末はとにかく立て込みます。気持ち手に年末に全て終わらせてスッキリ来年度を迎えたいという人も多いので…あとは年度末も同じく判決等の時間はかかりますね。

・そもそも最高裁判所に子供の監護者指定と引渡しの抗告とか受けてもらえるんですか?
→最高裁判所に抗告することはかなりハードルが高いので門前払いを受けると思います。なので最高裁判所の前に抗告するところがあるのでそちらで抗告するかもしれませんが、そもそもそれも現実的ではありません。代理人が付いているなら分かるはずですが…。でも、まぁあの代理人だと分かりませんねキチンと説明できるか…。



という感じです。何かやっぱりこんな人風に知識のある人と話するのって楽しいですよね。自分にはない知識が沢山入ってくるし、あーそんな風に社会は変わるのかも?とかとても面白かったです。
因みにちょこちょこ旦那の弁護士に毒を吐く発言は爽快でやっぱりこの弁護士先生は私は好きだなぁと思いました。
別に悪口が嬉しい訳じゃなく本当に相手弁護士には呆れるからですよ?笑
例えば今回も…
婚姻費用の調停でやるべきことを今更ほじくり返してくる。もう婚姻費用は決着したし、前からずっとその件は分かっていたのに今更言ってくる。それに対して『代理人が付いていながらそれをほって置いたのは仕事をしてないのではと思ってしまいますが…まぁ検討します。』と調停委員に言ったのはスカッとした笑
面会についても今月すぐに面会したいと言ってきたり…それなら会った時に次は?と次の日程を決めればいいのに…と私に呟いたのもその通り!と頷きました。
そもそも代理人つけてる意味あまり旦那は無いのでは?と思うぐらい仕事が抜けててとにかく遅い。こんな人が弁護士って…そりゃ弁護士事務所入れてもらえないよねと思ってしまう。だから弁護士事務所個人で開いたんだろうな…。

何か最後は旦那の残念な弁護士の話で終わってしまいましたね笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です