弁護士費用を二社比べてみた!

スポンサードリンク

こんにちは、

皆さんは日常的にはお世話になることはないとは思いますが、これからもしかして何かあった時にこれから考えている方へご参考になればと思います。

まず、ザッと説明。

今回は婚姻費用請求と離婚請求の二件の調停をすると仮定した場合。

着手金→初回相談後にまず支払って色々と詳しく話を聞いてもらったり資料作ったりと最初に払うお金。

報酬金→この場合は離婚が成立した事に対して払うお金

婚姻費用、養育費、その為慰謝料の獲得へ報酬金→弁護士事務所によって総額の何%かが変わります。

裁判移行費用

→報酬金を払わずに裁判に移行する為の手数料

裁判後の報酬金

→判決が出て離婚が成立した場合

A社

着手金

30万円

報酬金

30万

婚姻費用

総額の10〜16%(別居時から離婚まで)

養育費

総額の10〜16%(離婚時から3年間分)

その為慰謝料

総額の10〜16%

裁判移行費用

10万

裁判後の報酬金

40万

 

B社

着手金

20万円

報酬金

25万

婚姻費用

総額の10%(別居時から離婚まで)

養育費

総額の5%(離婚時から5年間分)

その為慰謝料

総額の10%

裁判移行費用

10万

裁判後の報酬金

40万

まだもう一社行けたら行こうと思うのですが、だいたい絶対的に言えるのは着手金は30万が基本です。

報酬金は弁護士によって前後しますねー。10万単位で変わってくるとそこでケチって良い弁護士逃すのも惜しい!

 

けど、将来もらい続けられるお金の為なので先の投資だと割り切ってするべきかな…と悩んでおります。

とにかく、親の義務を果たさない旦那には一生子供に会わす気ないです!

ここまで来ると最早憎しみしか無くなります…悲しいもんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です