旦那からの2回目の主張書面の内容は…?②

スポンサードリンク

こんにちは、

毎日恒例お出かけはしてますが、ここ最近のbebeの人見知りの無さと怖いもの知らずは凄い!!旦那と暮らしていた時は、他のママ友と会っても子供と会っても喋らない、遊ばない、声を出さないの三拍子。

大人しい性格なんだなと思っていたんですが実家に来て2週間ほど…急変しました笑

どう見ても会話のない、気まずい環境が影響していたと思う他ない。だからこそ旦那に裁判起こされようが、何しようが強くいられるし別居したことに全く後悔してない。本当にbebeといれて幸せだ。

 

さて、そんなほっこり話をそこそこに前回の続きですが…。

そもそも反論する価値もない主張書面で弁護士先生曰く私達は調査官面談も終わってひと段落しているし、そもそも私側の主張と育児についての環境の説明等やるべき事はやりましたから、調査官の報告書あがるまで特には私達から反論する必要はありませんとのこと。

因みに2回目の裁判は、内容的には調査官の報告書を見て裁判官ぎ質問があれば2回目が行われるそうですがあまり少ないようです。ってことはどうあがいても調査官面談までが勝負なんだなと実感。裁判官はかなり忙しく無駄に長い主張書面は嫌われます、読んでもらえません。更には相手弁護士の文面は私が書く方がまだマシだろと思えるもの素人ならまだしも説得力のなさすぎる資料に弁護士先生といつも呆れていました。それを読まされる裁判官もイライラするだろうなと思う。

忙しいのに仕事増やすなよ!って思うだろうなぁ…。しかも、今回の資料になんと例のアルバムの事を書いてきました。

やっぱり旦那が持ってました。

しかもその主張が本当に許せない。

『アルバムは一人のものだというが、その写真の中には私が撮ったものもあるから二人のものだと考える』だと…

呆れて言葉が出ませんでした。

アルバム購入、エコー写真のコピー、写真撮影はほぼ9.8割、現像、コメント、最初の手紙、手作りのクリスマスカード、地方紙に送った時に載った時の切り抜き…全て私。

400枚近いもののうち撮ったの15枚に満たないでしょ…。

なら、撮った写真はいらいないから抜いてくれて構わないからそれ以外返せよ。

そんで私もデータやらねぇし…。

 

本当に、以前の離婚で前嫁の父親に『お前は人間じゃない』って言われた意味良くわかるわー。

こうなったら返さないなら慰謝料と婚姻費用払わせ続けるか…とにかくやられたら50億倍にして返してやるつもりです。

だってこの世に一つのお金に変えられないもの…それをアイツは踏みにじった。制裁を加えずに気がすむわけない。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です