旦那との面会の必要性は・・・・・?

スポンサードリンク

こんにちは。

本日弁護士先生からのメールで、旦那弁護士に先週『試行的面会』の提案の結果がきたとのことで連絡が来ました。

 

そもそも、今までうんともすんとも言ってこなかったbebeとの面会。この監護者指定と引渡しの裁判では私に『そもそも一緒に暮らしててその間に長期間私が実家にいても子供の様子を伺うメールもしてきたことすらない。子供の検診の事も関心もない。別居後も一度会いたいと言われてそれ以降はありません』と言われ、子供に興味出ないと思っていました。とまで言われて焦ったのでしょうね…。

とりあえず向こう的にな思惑では、面会を提案して拒否→裁判で追加で『相手は面会に協力的じゃないから監護者として不適切』と主張するんだろう。そして、会えれば会ったでその時に自分と子供がとても仲良く懐いていましたとでも言おうとしたんでしょうね…。

内容的には

私の弁護士先生の事務所で1時間

旦那、相手弁護士、私の弁護士先生、bebeで過ごして私は隣の部屋で会わないように待機

って方法で実施する予定で先生も提案してくれました。

しかし…。

やっぱり旦那の両親がなのか旦那弁護士が常識がないのか…普通は私は言わないと思いますし、言える立場だと思わないですが…

『旦那の両親もbebeと面会したい』

と言ったそうです。

 

まぁ…私に伝わるまでにその場で先生が『不慣れな大人が増えてお子さんが泣いたりして面会が中断する恐れがあるので避けた方がいいしょうね』と言ってくれたので諦めてくれたと思います。

いや…でもさ、普通なら裁判起こして家族揃って私のことボロクソ言っておいてよく、実の親でもない旦那両親が孫に会えると思っていたと思うのが都合良すぎ…しかも実の親の旦那には面会する必要はあってもその両親には法的にもないでしょうね…だからこそ弁護士先生も速攻で断ってくれたのでしょうが。

まぁ、これを聞いた私の母も未だにブツブツと文句言ってます笑

信じられない…どんな感覚してるんだ?そもそも自分で何もできない訳?親がいないと面会も出来ないの?育てられる訳ない…と。

その通り!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です