旦那に秘密で、扶養から抜けて国民年金に入るには?②

スポンサードリンク

さて、前回は長くなってしまったので、早速お話していきたいと思います。

まず、雇用保険受給資格者証とは、失業ほけんの手続きに使う書類です。この書類があれはいつからいつまで失業保険を支払ったか、離職したのかが分かります。その為に手続きが出来るのです。しかも有り難いことに、いつ持ってきてくれるかと聞かれたので半年後に有給がらあるのでその頃にと伝えると…仕事が終わって17時半になっても良いので職員専用入口から入って持ってきてくれても良いとのこと…泣
住民票移した時にも旦那が子供の住民票移し返すと言うのを止める手立てはないかと泣きついて特別に資料を作ってもらい、私以外が子供の住民票を移そうとした場合必ず私の了承がないと移せないですとカウンターで言ってもらい、私にもその旨が伝わるように資料にサインしました。多分その頃から結構融通を効かしていただいてる私…多分役所内ではある意味有名人なのかも?笑
特別扱いだと言われると否定は出来ないけれど、市民のために尽くす?という面で私的には役所の仕事としては100点満点で有り難いです!



そうして、無事に手続きを終えました。
あとは年金の支払い書が届いてお金を支払い、旦那会社から国民年金に加入時に使った病院代を請求されたら支払えば完了!しかし、少し不安が…国民年金、国民健康保険の支払い時に私の現在の会社名がバレないか?と役所の方に確認したところ、国民健康保険に入った時の分の医療費を会社から市町村に請求するので、今の会社の保険は関係ないのでその書類は関係ありません。それ故に会社の名前も漏れません。同じく国民健康保険についても、市町村に請求が来るのでその頃には勿論私は現在の会社から国民年金保険払ってもらってる訳でもないのでこれまた会社は無関係なので、名前を出すようなことにはならない!との事でした。

良かったー!!
と言うわけで、無事に健康保険、年金手続きで今後旦那のお世話になることは有りません笑
なので私の先生に『私はもう旦那の会社の資格喪失証明書とかの書類はいりません。向こうが自分側に必要なら会社名は絶対に出さないでサインだけならします』と言ったところ…。『もう何も協力しなくていいと思います。社内の処理だけですよね?それならどうにかなると思いますから』と…笑
先生…多分旦那に心底呆れてるんでしょうね笑笑
相当冷たい。笑笑
多分、この前のアプリダウンロード出来ない事件で更に旦那と旦那弁護士にドン引き度合いがアップしたのでしょう…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です