派遣業務をする会社を受ける時は気をつけろ?!

スポンサードリンク

こんにちは。
本日も就職面接に行ってきました。
初めての応募書類持込、でいきなり面接と筆記の会社です。
実はこの会社は人材派遣をメインにやっている会社です。その会社の正社員として、大手メーカーの中の一般事務職の請負業務をするってことで応募しました。

職が無くなる時は、大手メーカーが無くなる時か相当不景気になってその会社が手を引くことになった時なので、相当な利益をあげる会社なのでそれは考えにくいだろうと思い請負業務でも応募することにしました。

しかし…中身を見るとその会社は(これからT社)出している求人以外で勤めるように勧める詐欺のような会社だったんです。怒

では順にお話していきますね。

まず、流石大手メーカー…外来の受付も身分証定時で細かく書かされます。セキュリティが凄くて持ち込めるのは機器類はスマホだけでカメラ部分にはシールを貼られます。情報が漏れたら大変だからだそうです。その後に飛行機の搭乗口のようなX線にかけられます。そしてやっと事務所に到着。その入り口にもやはりもらった通行証をかざさないと通れないゲート付き…凄い!!



そして、早速事務所の奥の小さな机越しに2対1で、面接官に履歴書手渡しで始まりました。
そしてまずは、職務経歴書にそって今までの仕事内容とアピール出来るところを話しました。そしてその後いきなり…

『一般事務以外で製造の仕事は興味ないですか?』とのこと。
私的には『えっ?!事務職募集で来たのになんで工場で?』って思いましたがやんわりとやっぱり今までの経験を活かして事務職を希望したいと思いますって感じで伝えましたが…話違うくない!?怒怒怒

私がご指示があれば考えてみます的な言い方をしたんですが、『実は主に製造の方のスタッフの方が人数も多くてですね、そちらに欠員の方が多くてですね…』まぁ、ここまではまぁここでそっちに流れる人も掴めたらラッキー的な考えなんだろうなぁぐらいに思えましたけどその後…。

って…長くなりますので明日に続きます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です