無反応さは嵐の前 のしずけさ?!

スポンサードリンク

こんにちは。調停が終わって平穏な日々のはずなのに何故か気持ちが晴れません…何故かって?!こんなシュチュエーション前にもあったよね…そう去年…。離婚調停が終わりとりあえずこのまま何もなく数年後にまた必要であれば離婚調停か婚姻費用増額の調停するのかなって思ってたんですよ…でも何故か無言…いや恐いよ本当。

今までのことを考えると…
『油断させてある日突然離婚調停申し立ててアイツに弁護士依頼の時間とか待たせないようにしてやろう』ってことしそう。
っていうのも実際、子の監護権と引き渡しでそれされたんですよ。

たまたま弁護士に相談してたから良かったけど…。

本当に、根性汚い生き物だと今も忘れません。だって申立てて2週間後に調停とかないでしょ。設定する裁判所も腹立ったけど…どんなに急ぎの事案でもこっちにも準備期間がいるし心の整理もいる。
本当調停生活してて思ったのは、

旦那…本当人格変わりすぎ。人間怖い。本当一生人のこと信じないと思いました。
だからこそ、今まで血の繋がった家族以外は誰に対しても距離を開けて接してるし、深入りしない。寂しいって言われても、裏切られて失望するより良いと思ってしまう。

何か悲しいけど…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です