結婚しても金銭感覚は独身時代と同じ?!

スポンサードリンク

こんにちは!!専業主婦として日々節約で家計を管理していると無駄づかいは自然と出来なくなるし好きなものも我慢したり、控えたり・・・・自分なりに好き放題してた独身時代とは変わってきました

正直欲しい物もあるし、おしゃれも、子供の物も、お出かけも・・・沢山したい事ありますよ!!でも自分に稼ぎがあるわけでも無いので、少ない旦那がいて有り難い事の一つ稼いでくれる。

いわゆる、A○Mだと旦那を思ってしまいます・・・。昔、友人も離婚前に旦那のことを『A○Mの○○野郎』←(とにかく美しくないのですみません。)と呼んでいたのを思い出しました。もしかして旦那=お金と感じだしたら結構末期なのかも?と個人的には感じるところはありますが、兎にも角にも稼いでは来てくれてますよ。でも、これって家計の収入ですからね!

これを独身時代のように躊躇なくポンポン使われては、貯金おろか毎月赤字です・・・。しかし、我が家もなんですが大多数のご家庭は片方が管理する形が多いと思うんです。これって以前もお話ししたんですが、あまりよくないんです。単純に考えても、片方が必死になって切りつめても相手に伝わらなければ、『なんでそんなケチケチするの?』となりますよね!

まさに我が家がそうなんですが、よくご機嫌取りに『美容院や出かけてり好きな事していいからね!』と発言してました。そりゃ出来るならしたいよ…余裕があるなら。でも今や一人の稼ぎで三人が暮らすことを理解していないので独身時代のように浪費しています。

  1. 買い物を頼むと割高な商品を選ぶ(プライベートブランドを嫌がる)
  2. 変わらず毎月美容院に通う
  3. 少し家を空けると食費と称して一週間もたたない期間で数万
  4. イベントに(もう今度はいいからと断っているのに)高いケーキや花を買ってなんとか機嫌をとろうとする
  5. 割高なコンビニでジュース・お菓子を買う(目の前のスーパーで買えば安い)
  6. お金をおろすのに高い手数料を何度もかける(利率が良くても全て台無し)
  7. 漫画、ゲームを躊躇なく買う
  8. 電気代、水道代、ガス代を考えてこまめに気を付けない

どうでしょう?!あてはまることはないでしょうか?勿論これが全てでは無いし、あくまで私の感覚ですが、少なからず当てはまるものありません?別に余裕があればこんなこと言わないんですが…でも、実はれより私が伝えたいのは

いつまでも一人の感覚で生活しないで欲しい!!

他にも小さい事ですが、漫画を買うのはもう好きにすればいいです…お小遣いの中なら。(まぁ私はお小遣いないですけど・・・・)でもそれを家の一部屋使って並べて置くの辞めてよ!!あなたの部屋ならまだしもせっかくある部屋もこんな使い方されたらbebe(これからうちの子供の事こう呼ばせてください。笑)遊ばせる部屋に出来ないし、そもそも子供のいる家に物が多いのってタブーだと思うんです。個人的には・・・だからリビングや寝る部屋には何も置いてないです。こんな小さなことだけどどうして旦那は気が付かないのか・・・・。

こんなことがちらほら積み重なり続けて爆発するんです。きっとそれが熟年離婚ですね!! ママ友も『熟年離婚』しか考えられないって人いました・・・・同じく一人目の子持ちママ。

そんな風に思う理由は『子供が一緒に生活してるって事もっとよく考えて行動してほしい』

お金もかかるし、環境も大人とは別に整えることが必要なことが本当分かってないな・…本当にうんざりします。次回は我が家の節約でしてるこもご紹介できたらと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です