自分の所有する口座も把握出来ない残念さ…

スポンサードリンク

こんにちは。
本日は、前回に引き続き旦那との調停でのお話です。

この日の最後は同居前の毎月15万超え酷い時は60万の浪費は何に使ったのか?!と聞くと、独身だからと答えた旦那弁護士→はぁ?婚姻期間ですけど?
そこで私の弁護士先生からズバリで、同居中は3ヶ月で150万の浪費などの説明はと言われると『うっ…』っと黙り込んだ旦那弁護士でしたが、この日の最後のこのやり取りまでにまたもや旦那側のポンコツな場面のお話です。



・まず、私の独身時代から入っていた医療保険とガン保険の名義を旦那から私に戻したいので署名と免許のコピーを出せと言うと…
『初めて聞いたなんのことだ?証券のコピーを見せろ』
→…いやいや、この話離婚調停始まってすぐに話したしね。車の保険は俺は乗ってないから払わない!引き落とされてるなら返せと言ってきたので、それなら一緒に貴方に名義変えた私の保険のお金もこんだけ貴方の口座から引き落とされてますから、名義を変更する手続きしてくれたら口座も変えれるからそれまで分は払うから手続きしてくれと言ったのに何故か車の保険のことばかり気にして結果私の保険のことは言ってこなかった…だから私の保険のお金を未だに旦那は払い続けてる。それも気がついてない時点でもう…コメントないわ。どんだけダラシない勘定してるんだろう。

・この口座の履歴を出せ!!
→いやいやそれは私じゃなく旦那の名義の口座のだからね。管理は私はしてたけど、出てくるときに残高ゼロにして出てきたから貴方のお住いの家にありますから。そもそも自分の口座何持ってるか把握してないのは…もう社会人としてというかもう呆れます。『弁護士先生も流石に呆れますね。本当に自分の財産を把握してないんですね…』とサラッと毒を吐いてました。

本当、こんな人と生涯暮らすのは誰も無理でしょ…少なくても私は無理!!
本当…こんな残念な人見たことない。
貴方のパートナーはどうですか?笑笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です