裁判の進め方こんなやり方もある?!

スポンサードリンク

こんにちは、

本日は私の話ではなく、私の知り合いからの情報で気になったものをお伝えします。

私の友達なのですが、実は訳あって親権は元旦那なので親権変更と面会調停を申し立てしたのです。この子に弁護士をつけることを勧められて今に至るので本当にこの子から連絡が無ければ今の私はもしかしたら一人で四苦八苦して最悪1回目の調停や裁判であからさまな不利になっていたかもしれない…そう考えると持つべきものは友そして、ちょっとした運かも?!

まぁ、それはさておきこの友達にこれまでも調停や裁判の様子を伺ってきたのですが、今回私とは違うパターンで裁判を行ってきたようです。

 

おさらいすると、私の場合は裁判官の左右にお互い机があり面と向かって旦那と顔を突き合わせながら、相手の主張も聞くことになりました。しかし、その子は裁判官の前で横並びで座ったので顔をマジマジと見ることは無かったそうです。

そう思うと部屋の状況的には紛争中で相手と顔を合わせたくない人にとっては私のようなタイプは本当にキツイかも…私は旦那と一切目を合わせず裁判官ばかりみてました。その結果いいのか悪いのか裁判官が私の方をよく見て頷きながら話して私の話も聞いてくれた気がしますが…結果はまだ分からないのでそこは不明ですが…。

さて、そして肝心な裁判中の進行の方法は…

私の友達は、まずそもそも裁判官から『どのように進めますか?』と聞かれたそうです。双方弁護士が居たのでお互い自分の弁護士から自分に質問をされたそうです。

これなら緊張しなくていいですよね!しかし質問は裁判官が用意してあるものです。

このスタイルなら気持ち的には聞かれることが同じでもテンパることは少なそう…。

そして私は、そもそもどんな風に進めますか?とは聞かれることもなくでは、旦那から質問してその後奥さんに聞きますから!って進行全て仕切ってました!

だから聞かれることは勿論分からない上に結構緊張はすると思います。しかも、かなり強めに『端的に答えて下さい』って言われました。私も2度ほど『つまり〜って事ですね!』まとめられましたが旦那においては『端的にお願いします。』って何度も切られては『結局〜ってことですね。』とちょっと私は冷たくあしらわれてるなぁー…と敵ながら不憫に思う程でした笑

 

まぁ、まとめると質問される相手は違えど質問はどちらもお互いの自分で提出した陳述書に基づいたことに対して掘り下げることがメインでした。

だから全く予想だにしないってことは聞かれるわけではないのですが、やっぱり質問される相手が自分の弁護士か裁判官だと緊張の具合は変わります。

正直私は自分で言うのもなんですが何事にも対して緊張しないタイプなので、完璧とまでいかなくてもその場をなんとかやり切るタイプですし、人見知りもしないので自分の主張を緊張せずに伝えられたとは思います。

なので、もしこれから裁判を控えてらっしゃる方、いろんな方法があるみたいなので是非弁護士さんをつけてるなら一度も提案して相談してみて当日に備えてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です