裁判の進行状況は有利…?!

スポンサードリンク

こんにちは。

調査官面談から結構経ちました…。そろそろ旦那の方も終わってそうです。

さて、私の状況と言えば、調査官面談の前に双方が提出の課題として言われていた監護補助者の陳述書を提出と共に旦那の私への悪口と批判の主張書面が提出されていました。実際私がそれを見たのは調査官面談の訪問が終わった翌日の夕方…まぁ提出期限ぎりぎなのは相変わらずですねー。というのも相手の弁護士が裁判所と共に私の弁護士先生の元にも同じものを郵送します。それを先生が私に送ってくれました。

私が見て先生に連絡するまで連絡無かったのですが、以前はやはり基本的に勝訴する裁判ですが反論すべきことはしなければ相手の流れになってしまう為それは注意すべきですと言われていたのでまたか…と思いました。

 

やはり今回も全く同じ内容の念押しプラス、自分の姉が看護師だからサポートしてもらえるよ!という監護補助者ならまだしも県外に住んでしかも仕事復帰が秋から決定している姉。しかも、脚が悪く今もリハビリに通っていて週に何度も旦那両親が姉と孫のサポートをしていたのは提出したスケジュールからも丸わかり…まぁその補助は旦那姉の旦那の両親が快くして下さるそうですよ……夜勤のある看護師に、復帰=旦那両親宛にしてるのミエミエ…しかも自分も脚が悪くてリハビリ中で幼稚園の迎えもさせてる。しかも姉旦那は夜勤有り。ってことはbebeを連れて帰るのベースに考えてるの丸わかり…要は、

両親の家でbebe預けて姉子供と一緒に育てさせて自分は県外から仕送りして週末帰るってことでしょ…?流石にそれを言ったら祖父母が育てるなら意味ないでしょ貴方引き取らなくていいじゃんってなるのでそれは言わないのでしょうが全てがその流れで考えてるの丸わかり…。

本当その考えこそbebeが幸せになれるわけ無いのに最低な奴だと本当に軽蔑する部分です。

まぁ、そんな奴の苦し紛れの主張書面にいちいち反論する必要はないと私の弁護士先生ははんだんしたみたいです…。

一応、『また反論するのでしょうか?また事務所で打ち合わせしますか?』と連絡したところ、

とりあえず調査官の報告書があがるまで待ちましょうとの事ですが、そもそもこの状況って一般的にどうなんだろうと弁護士ドットコムで質問したところ…

 

『一般的に勝訴の見込みがある為だと思われます』との回答。

その弁護士曰く、自分が勝った時も同じようだったとの事です。相手はとにかく資料を出しまくってきたのですが特には必要以外対処しない

って事でした。

相手も裁判起こしたからにはそりゃもがきたいですよね…。あぁ早く解決して欲しい。勿論勝訴で!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です