裁判所の調査官の報告書にケチをつける旦那②

スポンサードリンク

こんにちは。

では、昨日の続きいきたいと思います。旦那の言い分と私の思うところつらつら書いていきますがお付き合いくだされば嬉しいです。

 

・俺は収入が〇〇百万円あります。子供の今後の生活や教育の費用を考えると自分の元にいたら大学院までだせる。しかし、私のところだと、私の父は休職中で母はパートなので経済状況が不安定だ。

→そんなに収入あるって言うなら、婚姻費用もっと出せば?最低ラインしか払わないとかおかしくない?大学院まで出すっていうならもっと婚姻費用出せば私も働かずに保育園預けずにご希望通りに家で面倒見ますけど?笑笑笑笑

きっと自分の手元に子供が来なければきっと養育費も出し渋るし、面会もそのうちしなくなるだろうね…そういう底辺の人間なのはもう分かってるから言いたいならとりあえず色々虚勢はって下さい。相手にするの疲れるわ…。

因みに休職中でも父には収入ありますし…旦那よ…あんたの両親は二人とも子供引き取るために実家の家から旦那の社宅に引っ越して来るから今のパート辞めて二人共職なしになるんでしょ?それこそ今後あんた一人で親2人と子供育てるんでしょ?しかも旦那の実家は借家らしいけどさ…今後家はどうするんだ?うちは勿論両親の持家なのでその財産はあるけど旦那は未だにマイホーム買える貯金も無ければ、旦那両親の家は借家ではっきり言ってかなりボロい家…土地も他人に借りてる。家賃は安いですって言ってるけどさ…その前に潰れたらどこに住むわけ?どうせ子供引き取っても旦那の社宅じゃなくて、旦那の実家に連れて行って自分は仕送りして両親に育てさせるんでしょ?もう全てミエミエだよ…勿論裁判官も多分ね。

だからいくら旦那の両親が仕事辞めて自分の社宅に来るって主張しても苦しいよ?!みんな信じると思ってるならご愁傷様です…。

 

・私の父は足が悪くて子供の世話は出来ないから監護補助者に不適格だ。

→あくまで補助だから…貴方みたいにほぼ全部自分の両親に任せるつもりもないし、今も任せてないから…。自分で育てるつもりないならこんな裁判辞めちまえ。うちの父親の悪口みたいなこと書かこと自体もう一生許せない。両親も貴方に一生会いたくないとさ…これで面会も絶望的だね。両親にも手伝って貰えれば私が都合つかない日とかも会えたらもっと面会も増えたかもしれないのに…。しかし、そもそも旦那の父親のが病気再発する可能性高いよね…今も半年ごとに検査受けてるらしいけど、それが再発したら旦那父だけ帰って療養するらしいけど…それ誰が面倒みるの?そしたら旦那母も自然と一緒に帰ることになることない?そっちのがかなり今後の生活に響くリスクあるよね。うちは今現状成り立ってて問題ないし…。

・私がヒステリーで育児ノイローゼだし子供に影響があるに違いない。ただ今は何も起きてないだけだ!実際にクローゼットを壊したし最初嘘をついてそれを子供のせいにしている最低人間だ。

→ヒステリーなのは貴方に対してだけだよ。今全然だもん…イライラもほぼしないし。ちなみに育児してない人に育児の大変さも知らないくせにどれだけ大変かも知らないくせに黙れ!本当にこれは許せない。何も知らないくせにうわべだけで言うな底辺の最低人間のくせに…。だから誰にも愛されないんだよ!

クローゼットも貴方がbebeのアルバム隠さなかったらそうならなかったし、言えばその通りになったけどごちゃごちゃ言っていざこざ起きると思ったからとりあえず丸く収めるために申し訳ないけどbebeのせいにしたのは事実。でも、理由を話したら裁判官も全く問題視してない…何も他に突くことないから大げさにそればかり言ってるけどさ、そもそも主張書面に書いてても裁判官は聞いてこなかったよね…?それぐらい重要性は無いってこと!いい加減その事にしがみつくのやめなよ情け無い。他にしっかりした説得力のあること言ってください。本当その無能な弁護士つけてて最悪だと気がつかないこと自体残念だよ貴方自身が…。

ってな感じです…。

乱筆乱文申し訳ありません。やっぱり説得力のない文章といえど必ず目を通して確認はしないといけません。なので正直毎回ウンザリします。イライラします。読みたくありません。弁護士先生に届くので見てもらって今回も

『説得力のない繰り返しの言い分とその他も審判に影響のない文章なので、反論の必要はないので、このまま何もする必要ありません。ですから判決をお願いしました』とのメールが来ていてもやはりこの文章に目を通すことが腹ただしいし。やっぱり一生関わりたくない。

審判下っても不服申立しそうだな…あぁ疲れる。早く自分の行為が金と時間使って無駄だと思ってくれないだろうか…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です