調停に向けての資料作成の流れ!!①

スポンサードリンク

こんにちは、

旦那の激怒事件から我が家では気の休まる日はありません…。

唯一の味方であった?はずの父も『何するかわからん早く転出届けとかもしとかなあかんな…』とまで発言するまでに…。

旦那の両親においては断っても『両家で話し合うべきだ。訪問させてもらう』とまくしたてられいつ家に来るのか?押しかけて来るのか?と思うと全然休まりません…。

私としてはもう自分の両親にまでこんな心労かけてしまうとは思わず、こんな状態どうにかしないといけないのでとにかくもし来るならば丁重にお断りして私のみで話すとして、あとはとにかく調停で話し合いたいと思います。

 

なのでとにかく早く調停を申し立てたい!

そこで前から進めてきた準備についてお話ししていこうと思います。

まずは私においては今回は

『婚姻費用請求』『離婚調停』を申し立てることにしました。

とにかくどちらにも必要な物で取り寄せる為の物は戸籍謄本です!

住民票と同じくお住まいの役所で取れるよ!なんて方は急がなくて良いですが、私の場合かなりの県外で郵送でしか取り寄せられないところが本籍なので早めに手配しました。

身分証明書証のコピー、市町村のホームページから戸籍謄本請求の為の紙をダウンロードして記入、郵便局で為替を必要な枚数分私は2通必要だったので900円分でしたが詳しくは確認してもらう方が良いですね、返信用の封筒に切手を貼る(ちなみに私は旦那の戸籍に前の奥さんの結婚歴の籍ものっていたので分厚すぎて82円じゃ足りなくて結果切手不足で後から請求されました笑。)

これらを郵送で手配すると1週間で手元に来ました。なので、待ってる間に調停の資料を作ることをお勧めします。

ちなみに離婚調停の際に年金分割をお考えの方は情報通知書が必要になります。こちらは時間がかかるので手元にくるのに一か月はかかるとみたほうが良さそうですね…。こちらは1回目の調停の時に持参で良いので私は後に手配することにしました。ちなみにこれにも戸籍謄本が必要なので私は2通戸籍謄本を請求しました。これについては後日書こうとおもいます!まだ私も分からないので笑

なのでとにかくまずは、戸籍謄本2通を用意することから始めてください!

 

さて、そして肝心の申立書は…。裁判所に行かないと貰えない!なんてことないですよ!笑

私は不安だったのと、たまたま法テラスの近くに裁判所があったので一式を2セットずつ貰ってきましたがお仕事で行けない方や育児で遠出はって方は、ダウンロード可能なので、ネットで『婚姻費用 調停 申立書』と『離婚調停 申立書』と調べたら検索結果の1番目ぐらいに裁判所のホームページが出るのでそこから印刷すれば大丈夫ですよ!

申立書などは全国共通なので、裁判所でもらうものは3枚複写になっていて、左上に『裁判所用』『相手方用』『申立人用』ってな感じで書いているだけでダウンロードしたものと中身は変わりませんから。なので最悪間違えたらダウンロードのもの使って書いても良いかなって思ってました!

ちなみに申立書は自分が手書きしたものがそのまま相手に行くのでそこら辺の情報を知られたくないこと(特にDVで住所隠している方は要注意)は書かないで下さいね!

ってな感じでとりあえず今回は手始めに調停資料の準備①でした!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です