調査官報告書が出来上がった!気になる内容は?!

スポンサードリンク

こんにちは。

本日はやっとやっと待ち続けた調査官の報告書が弁護士先生の事務所に届いたそうです!!

両方の調査官の訪問が終わって報告書が出来上がったのは2週間後…正直私の地元の家裁はめっちゃ空いてるとは思ってたので1週間ぐらいかと思ってたら意外にかかりました。

 

待ちに待ち焦がれて…その結果

『母の監護状態に問題はなく、今の現状を変える必要性は無い。また、主たる監護者は母親であり、父のところに行く場合主たる監護者と離れることが懸念され、監護の質が下る可能性がある』との事。

要は、私が主たる監護者だから旦那のとこに行くと離れることになるから勧めない。そして旦那のとこに行くと監護の質が落ちると思うとの事。

まぁ、強いて言うなら面会だけは続けてあげてね。って事でした。

『とりあえず一安心』

しかし、また旦那弁護士が反論する時間を伸ばしてほしいと1週間で判決が出るところ反論するから期限伸ばせとの要望があり多分結果としては1ヶ月は審判の結果は分からないと思われます。

しかし…この後に及んで何を反論するんだ?謎は深まる。

そして調査官の報告書に謎の主張を入れてきた旦那『旦那がbebeを育てることを合意した。合意書はない。そしてbebeを不当に連れ去ったのは問題だ』と書けと調査官に言ったらしく記載されていた。

 

更には、何故か監護補助者じゃない姉までもサポートするからと調査官の訪問に立ち会ったらしい…。しかし、ただ立ち会ったと書かれて後は子供の医療分野での知識があるからその面でプロとしてサポートするって書かれてました。

『いや…病院行って聞けば事足りますから。県外の人に口頭で相談するより直接かかりつけ医に相談するわ…』って何か言葉にならないし、正直

だから??ってことばかり言ってます。

まぁ、とにかくとりあえずのホッとひと段落…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です