長期の歯医者の通院を短くする方法

スポンサードリンク

最近、苺なんて全く食べてないのですが思い切って見切り品ですが買ってみました笑。
見切り品は馬鹿に出来ませんよ!当日食べるなら全く問題ないし、果物だと逆に熟していて少し見た目は悪くてもちょうど良かったりします。

年々、果物を食べる人が減っている原因に日本の果物は高すぎる、安ければ買うなどの声が多いようです。
確かになかなか手が出せない果物も多いですよね…バナナぐらい安価で広告にも出るようなものならみなさんもよく食べますよね?もっと果物が安くなるといいなぁ…そういえば、ぶどうとか食べてない気がします!

皆さんも宜しければ久しぶりに果物買って食べてみたらいかがですか?たまには贅沢って必要ですよね。

 

さて、本日は歯医者についてのお得情報です。

歯医者さんに行くと虫歯っていつ治療終わるの?ってぐらい長引くことないですか?

何故か毎回治療は一本ずつとか…。その間にまた新しい虫歯が出来たりするともう歯医者の永遠のループにハマってしまってますよ笑。と言う私も同じくかれこれ一年通い続けて終わりません。

しかしある日、歯の詰め物がとれて今までとは違う実家の近くの歯医者に行く機会があり、そこで【ダブルDr.】という制度を知りました。

私の場合は奥歯を下地まで治療中なのもあり、奥歯は今までの先生、前歯の単独歯のみその歯科で治療するのはどうか?と提案されました。

そこの歯医者さんはその日まとめて数本治療してくれたのもあり私は以前から通っていた歯医者さんと平行して通えば実家に帰っている時も歯医者に行けるので治療も早く済む!とようやく希望の光が見えだしたのでよろこんでいたんです。

しかし…

以前から通っていた歯医者でこのことを話すとそれは『法律違反だ』とのことです!!

『えーーーー!』

実は歯医者さんは緊急を除く治療以外基本的にダブルDr.はNGだそうで、緊急はしょうがないとしてもあからさまに通っていることがわかった場合

歯科医の方としては正当な保険請求をしても片方の保険請求が認めて貰えないという事態が起きてしまいます。歯科が泣き寝入りするか、保険の部分も請求される(全額自己負担)、後者の可能性大ですね。

保険の請求をしても2つのうちどちらかの歯医者さんが保険請求が認められずに、最悪な場合患者の方に請求をする場合があるそうです!

恐ろしいですね…。その後色々調べた結果やはりダブルDr.は、初診料や検査の費用が2度かかるし勿体ないからやめた方がいいとの結果に落ち着きました…残念です。

でも諦めないでください!大丈夫です!聴き出しましたよ秘訣を笑!

実家の近くの今まで通って居なかった先生に教えてもらったんですが

『病院でもどこでもそうですがまずその病院で一番空いている時間いつですか?って聞いてください』とのことです。

やはり先生方も結局は商売な訳です。正直忙しい時に一人に時間は使えないですよね。いかに何人みれるかってなると、自然と一人の時間は限られるので治療も一本しかできなかったりします。少ない時間に行くことで先生も余裕があるし、しっかりみてくれるそうです!

言われてみたら当たり前なのに気がつきませんでした。勿論お仕事で行けない方もいますからそれはしょうがないですが、平日に半休を取ってまとめて治療するっていうのもある意味効率的です。たった一本の為に行きと帰りの時間もかかる訳ですからね。

ちなみに治療としては、3回分も1回で終わらせるぐらい短縮は可能だそうです。私も下の前歯ほぼ全部一気にしてもらえました!

歯医者の通院が少しでも減るとその分他の事に時間がかけられますから時間の節約になりますよね!

私は結果として実家の方の歯医者さんに変えようと思っています。それなら平日に親にbebeを預けて長時間の治療可能な日取りで予約可能ですから、治療が早く終わるので初診料や検査費の出費はたしかに痛いけどそれよりも時間を買うことにしました。

皆さんも是非一度歯医者の通い方考えてみるのはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です