離婚調停の進行具合3回目

スポンサードリンク

こんにちは。
本日は離婚調停でした。
先日お話しましたが、旦那が起こした裁判の結果はまだ出ておりませんので相変わらず今日は何を話すかなぁ…あっ!!bebeのおもちゃとかご飯用の椅子とかその他にも返して欲しいからそれ言おうと思っていました。



調停が始まり急に調停委員から『抗告した裁判の判決はどうでしたか?』と聞かれたのでまだですと弁護士先生が伝えてくれました。すると…
『なかなかここで決められる事案が無くなってきたので一度この調停を終わらせようかなと思っております』と一言…

何故ーーーー!!?
せっかく起こした調停を辞めるのも何か悔しいし、また起こせばいいとは先生が言ってくれたのですが調停を通してじゃないとなかなか伝えたいことがストレートに伝わらないから出来れば続けてもらうようにしましょう。と調停委員の人を説得して、結局裁判の抗告の結果を待ってから次回の調停を開くことで収まりました。
はっきり言うとこちら的には逆に終わってしまった場合は特に不利なことは離婚できないことのみなので焦りはしませんでしたが、やはり今後財産分与の件で裁判所で話し合いを使う事をして決めておかないと不払いになった場合に、勤め先の会社に請求が出来ないのでここはやはり離婚するなら調停などの場所を使う事を今後離婚を考えてる方には進めたいなと思いました。

さて、本日の大問題は…
車の保険料の更新について。この保険は旦那の会社経由で私の等級で入ったのでかなり安くなってます。
因みに旦那は調停の書面で『僕の会社の保険で入っているからこの金額になっているが、別居したならもう自分はその車に乗ることもないので即座に支払いをして欲しい』と主張してました。
実はコレもお笑いですが…→そもそも旦那の等級だと低すぎて保険料が馬鹿高いから私の等級を使わせてやったのです笑
それを自分の会社のおかげだと思っている旦那の知識の無さに呆れました。そして更に幻滅というかもう呆れて弁護士先生もがっかりしていたのが何と、その保険は更新せずにそのままにして欲しいと何度も何度も書面でも頼んでいるにも関わらず、



『継続更新を勝手にした』のです。呆

私はもう新しく満了日がきたらその日以降から自分で別で入るつもりだったのにも関わらず、旦那が更新したことで私の等級を取られてしまうのです!しかも二重契約になります。旦那は保険料自分で払え!と言ってきて更には満了日まで知っていた上に車は無い。なのに何を考えたのか更新したと調停で発言したのです。

コレには弁護士先生もイライラした表情と呆れ顔でした。
とりあえず私の保険をどうするか車の保険の更新をお任せした私の父と相談して決めるのですが、本当に情けないし、呆れました。

声を大にして旦那に言いたい…
『妻が二度も逃げた理由はそういうところだよ…』

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です