離婚調停開始第一回目③

スポンサードリンク

こんにちは、本日も引き続きお話していきますね。

さて、とりあえず調停委員と裁判官の方から説得を受けて支払う事を検討し始めた旦那達。

別室でまた相談と検討していますとの事…いやいや、そもそも払わないといけないものですからね、何故かよく分からない当てはまりましない事例を記載して当てはめようと賢そうな資料を提出した結果、それが仇となり早々に裁判官に相談されて説得されたという情けない結果…。

 

私達も旦那が検討している間に相談しました。

婚姻費用は私の場合12〜14万になるのですが、先生が計算してくれた結果私の場合12万7千程になるので審判で決めてもらっても13万にるか微妙なところでそれならゴネないうちに最低ラインでも良いから同意すべきかそれとも14万だと主張すべきか…。

とりあえず、旦那が絶対払わないと言ったら14万と主張して払うなら12万で同意するという事で収まりました。

すると…

旦那は払うけど自分は使ってないから自動車保険と私の健康、生命保険料、携帯を自分が婚姻費用払う月から払え!と主張。

まぁそりゃそうでしょうね!

ってかさ…それより驚くべきは

何を自分の口座から引き落とされてるか把握しろよ!そして、妻が生命保険入ってない事、健康保険は何に入ってるか…普通なら把握しとけよ。

弁護士先生も呆れてました…そりゃそうだと思います。自分の家族がどんな保険に入ってるかこと知らない、そもそも請求するなら自分の口座なんだから何が引き落とされてるか調べてから言えよ…。

挙げ句の果ては『旦那さんは何があるか把握されてないのでこれからまた何かあるかもしれません』と他にも払うべきものあるかもしれないからみたいなことを言ってくる旦那弁護士。

そんなの調べてからまず言えよ…ってかそんな金銭にゆるゆるでよく、子供大学院行くまでの資金を計画的に貯蓄しますって言えたよね。

 

すかさず私の先生『それは知りませんそれだけです。早く契約書作ってください』と言ってくれたそうです。

本当は成立すると双方が揃って文章読み上げられて間違いがないかを確認して同意するのですが、調停委員の人が私があまりにも旦那を拒絶して会いたく無いと思ったらしく、弁護士先生だけお願いします!と呼ばれて、先生には成立したら顔合わせますけど大丈夫ですか?と言われてましたが、正直裁判の時に顔合わせてるし今更どうでもよかったので、行くつもりではありました。けど、行かなくていいならそりゃ行きたくないので同席しませんでした笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です