離婚調停開始第一回目④

スポンサードリンク

こんにちは、

さて、1回目の調停の締めくくりのお話早速始まります。

婚姻費用12万円を払うがその月からの私の分の引き落としは何か明細は分からんがとにかく払えとのご主張の家計の内約全く知らずの家族がどんな保険に入ってるか、生命保険入ってるかも知らないポンコツ旦那…。

本当に早く私自身とは縁を切りたいと強く思いました。

 

それでよくbebeを引き取って育てて大学院までのお金を計画的に貯めますだ…どの口が言った??

そして、更に奴らは要求してきました!

それは…『bebeと面会したい』との事。

そもそも…私がbebeと実家に1週間以上帰省中、別居して3週間一度も今までbebeの様子を訪ねた事も無ければ、健診すらいつあるかも聞かない、予防接種も病院も一度も来たことないです…。そもそもbebeに興味無いんじゃないかとも思う程でした。それをこの前の裁判の時にしっかり主張したからなのか、ここで一度とりあえずアピールして、面会の実績作りしないとヤバイと思ったんでしょうね…急に言ってきました。

そもそも会いたいなら、この監護者指定と引渡しと同時に面会調停も申立してるはず。これを言ってないところがまずおかしい…。監護したいと思うぐらいなら今すぐ会いたいはずですよね?!なぜ今更急に??それを

本当魂胆が丸わかり…。

一緒に申立るべきものをアドバイスしない旦那弁護士の能力は更に疑うべきところです…。

まぁ、でも私と弁護士先生としては子の監護と引渡しの裁判で申立られてて、抗争中なのでそんな最中にどうやったら面会出来るの?無理無理って事で先生が速攻でお断り。

しかし、私と弁護士先生は…きっと奴らがそれを理由に『面会をさせて貰えないから面会調停だ!!』と言ってくるか、子の監護者として面会に寛容ではないから監護者として不適切だ!と言ってくるか、それか単に私に『子供のこと一度も気にかけてないから興味あるのかなと思ってた』とハッキリ言われたことでマズイと思って実績作りかな?

って事でとにかく純粋に子供に会いたいと思ってよタイミングではないとしか思えない時に言いだしました。

 

しかし、婚姻費用の成立の際にまた先生に『どうにか面会したい!』と懇願したそうです…。

その意図は何か…まぁとりあえず調停は無事に一つ完結できて良かったー!次はかなり先ですので…それまでには子の監護者指定終わってるかなー。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です