養育費をケチる最低な生き物

スポンサードリンク

こんにちは。
本日、弁護士先生から旦那側からの離婚に対する条件の書面が届いたとメールがありました。

というのも…離婚の条件どころか未だに金を返せあれは独身時代の自分の貯金だ!(給料を全額振り込まずに懐においていた人間のセリフと思えない笑)
とゴネている旦那。それがいきなり離婚条件の提示って展開早くない?って思いますよね。
実は前回の調停で裁判官に
『次までに財産目録と指定の口座の開示といくらなら相手に払えるかをまとめて来なさい!じゃないと調停を不調にして終わらせる!』と言われていたからです笑
私は裁判官には会ってないのですが、旦那は『自分の独身時代の貯金の金を返せ』とうるさく言っていたので、調停も全く進まず、だからと言ってその理由は離婚するからって前提でもなくて『条件が良ければ離婚することも考える』と調停委員に言っていたのです。
なので、そうでなくても相当な混み具合の家庭裁判所は『こんなヤツらに付き合ってられんわ!離婚しないなら調停くんな』って思ったんでしょうね…。



私の弁護士先生と、旦那と旦那弁護士のみ呼ばれて毎回話をする時間があって私は何故か裁判官には呼ばれてません。
女性は裁判官が出てきたら驚いて、気後れしてしまうから?とかの配慮なのかは謎ですがとにかく気を使ってもらっているのは確かですね笑

そして、そんなこんなで私も勿論次回までに提出する為に先生と打ち合わせをしました。
・出しても問題のない銀行口座の履歴
・同居中の生活費は私がカード旦那のものと私のものどちらも管理から全て行っていたのでその履歴。まぁ…私の名義のクレジットカードの方が相当使用してましたが。
・持っている預貯金→勿論独身時代のものは除く
・その他の財産になるもの
・離婚の際の子供との面会条件→因みにこれの内容は…

面会希望条件
・面会は毎回私達の住まいの近隣で行う。大型ショッピングセンターや児童館など…
・毎月一回程度面会
・養育費は毎月8万。子供が大学や大学院卒業まで支払う

など…本当に少ししか決めませんでした。
本当は、お泊まりはー…とか、学校行事は…とか、とにかく事細かに決めて後から揉めたくないと思ったからです。
旦那と連絡するなんて苦痛でしかないですから。笑笑
だってラインのやりとりすら嫌で今ではブロックしてますから。多分来ないけど…笑笑

そして、旦那からの書面は驚きでした…続きは次回へ笑笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です