1歳〜2歳のおススメ絵本

スポンサードリンク

こんにちは。

毎日絵本を読みまくっているbebe。正確には、私が読んでますが…。

まとめて何冊か借りて来るのですが今のところ適当に選んでそれなりに食いつきいいもの悪いものが分かってきました。

 

因みに私は読むときに結構アレンジ加えてます。絵本の文章を正確に読まずに、簡潔に大げさに更には『形容詞を入れて読む』を意識してます。

例えば、黄色いヒヨコ→黄色いふわふわのヒヨコ

これ結構食いつき良くなります!そして何より大げさに読むことに気をつけてます。

さて、早速おススメですが…

・『頭のいい子を育てるプチあかちゃんごおしゃべりずかん 作かしわらあきお』

こちらはお食事、遊び、家族、食べ物、外の様子挨拶などの場面でそれぞれでこんな風な言葉を話す。言葉がのっています。『いただきます』『あーん』『いたい』絵が付いていて伝わりやすいようで、食事の時にこれがパンだよー。スプーン持っていただきますしてるよーとか言いながら我が家は活用しています。正に赤ちゃんのファースト図鑑!かなり使えます。殆ど必要なものは書いてる気がします

『こぐまちゃんのうんてんしゅ 作わかやまけん』

『こぐまちゃんとぼーる 作わかやまけん』

こぐまちゃんシリーズはやっぱり人気!ホットケーキのお話から食いつきよかったので何冊か借りたけど、車が好きなのでこぐまちゃんがバスに乗ってボールとぶつかる場面の『どっしーん』って響きがお気に入り。ぼーるのお話もトラックが出てくるので食いつき良かったですね。

因みに他にもパン屋さんのお話は大人からしても何が伝えたいのか良くわからなくて大げさな印象に残る場面が少なくてちょっと面白くないかも…。

『どつぶつだあれかな 作はせがわさとみ』

これは今大流行りで、ライオンの子供が色々な動物に会うのですが次のページにいくときに動物の一部が見えて誰かな誰かなと盛り上がると喜びます。絵も綺麗でリアルなので嘘っぽい動物を教えるの嫌な私はこういうリアルな絵の動物の絵本を選ぶようにしてます。

 

『おうちでんしゃ 作ナカオマサトシ』

こちらは子供の大好きなウンチが出てきます笑

オニギリ、コップ、靴、ウンチ、トイレットペーパーが出てきて、電車になります。最後にウンチとトイレットペーパーが追いかける場面で大興奮です。

いかがでしょうか?皆さんも是非絵本読んでみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です