面会のリアルな状況

スポンサードリンク

こんにちは、

今日、お友達から連絡がありました。私の裁判状況を気にしてくれてました。本当にこんな風に打ち明けられる人がいるのも心強い。

その子は私とは逆の立場で、離婚して親権を旦那様に譲ったが面会が実施されないから面会調停と監護者指定の調停と裁判を起こしたのです。

 

これもまた、自分と真逆の立場の方からも色々と教えてもらえること何より調停を素人一人で迎え撃つ怖さを教えてもらえたので本当ありがたいと思ってます。

またここで一言…絶対離婚調停するなら弁護士つけて欲しいです!自分の要求をいかに少しでも通せるかは長い目で見て安くはないお金を払っても価値あるものだと私は強く主張したいです。体験したからこそ精神的、体力的に絶対にプロの力を借りるべきです。

さて、話が飛びましたが今回はそのお友達から色々教えてもらった現実をお話ししたいと思います。

まず、面会が毎月実施されることなく理由をつけて断られ続けて調停、裁判を起こした結果…。

今は長期休みは勿論毎月の面会もしっかり行われているそうです!しかも、その子の場合は遠方の為交通の為にチケット手配を行う為に来年の面会日までも決めたそうです!!

喜ばしい!お金かけて、精神的にも辛かっただろうけど勝ち取った自分の要求ですね!本当に嬉しい!!

しかし、裏を返せば私も約束した面会を実施しないとこうなるということ…実際結果としてはやはり親権が一度決まると監護者指定を覆すことは相当難しくやはりダメでしたが、それでも『旦那の監護に多少の問題あり』と審判が出たのはお友達の頑張りのお陰!!

私はそれを肝に銘じながらこれから面会の条件を考えていかないといけないな…と思ったこの頃です。

 

それにしても、周りに似た境遇のお友達いることがまずありがたいものです。辛さを共有する事は正直体験した当事者しか分かりかねる部分も多くて…勿論、そうじゃなくても他のお友達にもたくさん助けられてはいますが更にそんな人がいるのはありがたいと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です