節約に無関心な旦那

スポンサードリンク
こんにちは!!最近本当に暖かくて暖房も日中は勿論のこと、朝方も我が家ではそんなにつけなくても辛くなくなってきました。
そういえば皆さんのご家庭では、ご家族全員でお一つの部屋で寝られてますか?
うちはお話ししたとおり別々なので、寝る前朝方の寒い時、暑い時それぞれエアコンつけてしまうので正直エコではないです…。そこはもう、電気代より一緒に寝てより一層のストレス溜めるより精神的なゆとりと快適さを優先させていきたいと思っております。笑
さて、本日のテーマの『節約』です。最悪の場合エアコンが二台、夜中から朝まで動く訳ですから寒暖のピークの月には痛い出費です…。そこで少しでも電気代節約の為に実行していること
エアコン編
  1. 設定温度は現在の温度から過剰に違う温度にしない。(そもそもその温度にいくまでにフルにエアコンが動くと電気代がかかるので単純に18度なのに23度まであげるのと28度まであげるのだと使うパワーが全然ちがうので)
  2. 冬は隙間風対策やカーテンを二重にする。夏は簾などをベランダや窓に設置することで直射日光を防ぐ
  3. エアコンの運転は、強.弱.速攻など色々あると思いますがこれは迷わず【自動】にする。(早く快適になりたいだろうけどここはエアコンのペースでやらせてあげましょう笑)
  4. 契約のアンペアを下げる。(現在のアンペアより下げる事で電気を使いすぎるとブレーカー落ちてしまう事もあるけど、自分でも使いすぎに気をつけるようになるし一石二鳥)
  5. カテエネなどの、電気とガスのセット契約で安くなるプランに変更する。(我が家は旦那が最初にお知らせ持ってきたけど結局ほったらかしたので、私自身で調べて変更しました。怒)
こんな風に微々たるものだけどそれが重要です…。しかし、そんな努力も全て旦那によってかき消されます。現在も一人で寝る部屋のエアコンの温度を高くして朝まで付けっ放し…。それぐらい快適に過ごさせてあげたらいいじゃないと思われる奥様は優しい!!とゆうか私の家庭が変わってるだけでしょうが流石に腹が立って言いましたよね。付けるなって言ってるのではなくて、節約を心がけて欲しい』こればかりは住んでる限り協力必要ですから…。もし、別居したら別ですが笑。
あっ!!あと、上記のカテエネなんですが、ご実家と連携させて家族割とかもありますよ!!うちは実家と家族割にしました。母もお得で自分もお得なら嬉しさアップです。自身がよく実家に帰ってるので…二週間ごとぐらいに行っては一週間は帰らないことも多々。まぁ率直に言うと【旦那と週末過ごすことが苦痛】なんですよね…。普通は皆さん週末前に帰って来たりしますけどうちは逆!!
自分の家じゃいつ旦那が帰ってくるかと思うと落ち着かないんです…。悲しいですよね。そんな家庭の雰囲気悲しくなりますし、何故ここにいるのか本当ただの拷問のようになってきました…旦那も特に話しかけてくることもないし…旦那がもう一度暮らしてみようと言ったので今の状況になるのですが今のところ特に以前と変わることなく寧ろ酷くなっています。これからこのままの雰囲気で暮らすことはお互いにも良くないと本当に私は思うのですが…納得していないのか体裁の為なのか、よく分かりませんが。
さて、今回はここまでとさせて頂きます。時間は旦那は作るご飯について書いていこうと思います。本当主婦の方なら、悩まされたこと一度はあると思いますが私なりの手抜き料理の全貌が明らかになってしまうかも…笑
スポンサードリンク

結婚しても金銭感覚は独身時代と同じ?!

スポンサードリンク

こんにちは!!専業主婦として日々節約で家計を管理していると無駄づかいは自然と出来なくなるし好きなものも我慢したり、控えたり・・・・自分なりに好き放題してた独身時代とは変わってきました

正直欲しい物もあるし、おしゃれも、子供の物も、お出かけも・・・沢山したい事ありますよ!!でも自分に稼ぎがあるわけでも無いので、少ない旦那がいて有り難い事の一つ稼いでくれる。

いわゆる、A○Mだと旦那を思ってしまいます・・・。昔、友人も離婚前に旦那のことを『A○Mの○○野郎』←(とにかく美しくないのですみません。)と呼んでいたのを思い出しました。もしかして旦那=お金と感じだしたら結構末期なのかも?と個人的には感じるところはありますが、兎にも角にも稼いでは来てくれてますよ。でも、これって家計の収入ですからね!

これを独身時代のように躊躇なくポンポン使われては、貯金おろか毎月赤字です・・・。しかし、我が家もなんですが大多数のご家庭は片方が管理する形が多いと思うんです。これって以前もお話ししたんですが、あまりよくないんです。単純に考えても、片方が必死になって切りつめても相手に伝わらなければ、『なんでそんなケチケチするの?』となりますよね!

まさに我が家がそうなんですが、よくご機嫌取りに『美容院や出かけてり好きな事していいからね!』と発言してました。そりゃ出来るならしたいよ…余裕があるなら。でも今や一人の稼ぎで三人が暮らすことを理解していないので独身時代のように浪費しています。

  1. 買い物を頼むと割高な商品を選ぶ(プライベートブランドを嫌がる)
  2. 変わらず毎月美容院に通う
  3. 少し家を空けると食費と称して一週間もたたない期間で数万
  4. イベントに(もう今度はいいからと断っているのに)高いケーキや花を買ってなんとか機嫌をとろうとする
  5. 割高なコンビニでジュース・お菓子を買う(目の前のスーパーで買えば安い)
  6. お金をおろすのに高い手数料を何度もかける(利率が良くても全て台無し)
  7. 漫画、ゲームを躊躇なく買う
  8. 電気代、水道代、ガス代を考えてこまめに気を付けない

どうでしょう?!あてはまることはないでしょうか?勿論これが全てでは無いし、あくまで私の感覚ですが、少なからず当てはまるものありません?別に余裕があればこんなこと言わないんですが…でも、実はれより私が伝えたいのは

いつまでも一人の感覚で生活しないで欲しい!!

他にも小さい事ですが、漫画を買うのはもう好きにすればいいです…お小遣いの中なら。(まぁ私はお小遣いないですけど・・・・)でもそれを家の一部屋使って並べて置くの辞めてよ!!あなたの部屋ならまだしもせっかくある部屋もこんな使い方されたらbebe(これからうちの子供の事こう呼ばせてください。笑)遊ばせる部屋に出来ないし、そもそも子供のいる家に物が多いのってタブーだと思うんです。個人的には・・・だからリビングや寝る部屋には何も置いてないです。こんな小さなことだけどどうして旦那は気が付かないのか・・・・。

こんなことがちらほら積み重なり続けて爆発するんです。きっとそれが熟年離婚ですね!! ママ友も『熟年離婚』しか考えられないって人いました・・・・同じく一人目の子持ちママ。

そんな風に思う理由は『子供が一緒に生活してるって事もっとよく考えて行動してほしい』

お金もかかるし、環境も大人とは別に整えることが必要なことが本当分かってないな・…本当にうんざりします。次回は我が家の節約でしてるこもご紹介できたらと思っています。

スポンサードリンク

家族とは?!家庭内別居のリアル内情

スポンサードリンク

こんにちは、以前からお目にかかっていた方も初めて来ていただいた方も有難うございます。心機一転こちらのサイトで頑張っていこうと思っています。

さて、こちらのサイトではリアルな家庭内事情と子育ての真っ最中の為リアル子育て情報、  専業主婦の為家計ギリギリの中での節約お得情報等をアップしていきたいと思っています。もしこれをみて状況が似ているなと思った方はそうならないようにとご参考にしてもらって、退屈な奥様にはテレビのワイドショー感覚で、今から新婚生活を始める方には教訓に。どんな形でもお役に立てれば幸いです!!

では、まずは我が家の変わった状況をご説明しますね。

基本的に平日は会話無し!!            

例えば、伝えたい事があれば(基本そんなにないですが)

ex.『寄れたら帰りに牛乳買ってきてもらえたら助かります。すみません』、『分かりましたよ~』

こんな風に敬語でLINEのやり取りをします。笑あっ!!あと帰る前に必ず連絡があります。でもそれには私は返信しません。だから、この前ふとLINEの画面をみると旦那の『帰ります』の連日のメッセージのみがあって怖いなと思いました。笑

 

そこで仲の良いご夫婦にLINEの内容を聞いてみました。例えば雪の日は、『今日は影の所は滑るから、買い物は急ぎじゃなければ買って帰るよ』『ありがと。○○(子供)を外で遊ばせたら喜んでたよ~』+写真。だそうです!!まるでお付き合い中のカップルですね!驚きです。笑
あと、仲の良い夫婦の特徴は用事がなくても連絡することだと思うんですよ。ただでさえ平日ってワンオペ育児だったり、自身の仕事だったりで同じ家でも会話って出来る時間は少ないと思うんです。だからふと思ったこと、当たり前だけど毎日してること、特に家事なんて旦那様の知らない【名のない家事】も沢山ありますよね?!

 

私の大好きな『上○恵美子』様の名言
『醤油が沸いてくるわけじゃない!私が補充してるんです』って感じで。笑
そういう事とかでもなんでもいい思うんですよ、それで旦那様がもしかしたら『そっかそんなこともしてくれてるんだな』とか思ってくれたり、小さい感謝の積み重ねですよね。そこでまた我が家の場合に戻ると、旦那は帰宅後に一人で長風呂のあと作ってあるご飯食べて、別部屋でゲームして就寝・・・。そりゃこんな冷めた夫婦にもなりますよ。帰る前にメールが来たら私は子供と寝る部屋へ駆け込みます。何故かって??それは顔も合わせたくないし、しゃべりたくないんです。

そこまでになるまでのお話しはまた後日・・・。次回は独身気分の抜けない旦那について書きたいと思います。

スポンサードリンク